現在のトレード手法

※トレード手法は現在進行系で研究中。
※最低2年分のバックテストをして優位性があるものを採用。
※再現性のある手法、法則性のある手法を作るのが目標。

2017年8月現在

日足、4時間足、1時間足、15分足で高安値にラインを引き、トレンドの押し目で入る。
MAタッチから。

米国雇用統計やFOMCなどの大型の指標発表前は新規ポジションは入らない。
ポジション保有中の場合も大型指標の場合は発表前に決済する。
それ以外の指標は、ポジション保有中の場合は放置。

ファンダは考慮しない。指標が予想より悪いから売るなどといった先入観は排除する。

欧州時間からロンドンフィックスまでをメインにトレード。
欧州時間開始直後やロンドンフィックス後に押し目ができるケースが多いが、そこは避ける。

バックテストで成績の良かったドル円、ユロル、ポンドル、オジドルでトレード。

損切りはポンドル以外は10pips、ポンドルは15pips。
利確はフィボナッチやRSIで判断。