FXはいくらの資金でいくら儲かるのか

株などとくらべて、少ない金額で大きな金額の取引ができるのがFXの魅力ですよね。
では、具体的にいくらでいくら儲けられるのか、そして負けた金額を払えない場合は証券会社に対して借金になってしまうのかなど、素朴な疑問を調べてみました。

儲けと損失は建玉数量と値幅で決まる

「FXはいくら儲けられるのか」ですが、FXは宝くじや競馬とは違って外れたら賭けたお金が0円になったり当って何百倍何千倍になるというものではないんですね。

「建玉数量」と「値幅」で決まります。

建玉数量とは?

FXでトレードする場合には、入金したお金を賭けるといった形式ではなく、「通貨」を保有する必要があります。
そしてこの”通貨”は、多くの証券会社が最低1万通貨からの取引に対応しています。

1万通貨の取引に必要な金額

通貨ペアによって金額に多少の差がありますが、米ドル円を1万通貨取引するには約5万円必要です。
中には1000通貨や100通貨に対応している証券会社もあり、いちばん少ない建玉数量のSBIFXトレードはなんと1通貨からの取引に対応しています。
1000通貨なら必要な金額は5000円、1通貨なら5円からFXができますので、最初は少額からFXを始めたいという方は少ない建玉数量に対応している証券会社を使うといいです。

値幅とは

値幅は、通貨ペアのレートのこと。
例えば米ドル円が100円ぴったりのときに1万通貨の買いを入れたとします。
その後、米ドル円レートが101円まで上昇したとすれば1万円の利益となります。

1円の値幅はどのくらいの時間で動くのか

1円くらいであれば1日で動くこともザラですが、その時の経済情勢によるようです。
過去にレートが大きく変動したときのチャートグラフを見てみると、最近だとトランプ大統領が当選した大統領選挙のとき。

下記画像がそのときのチャートグラフですが、赤い矢印が指す低い部分が選挙当日。
このチャートはローソク足1本が1日を示す「日足チャート」。
いちばん高値をつけたところまでの値幅は17円50銭 、その間のローソク足は27本なので、27日間で17円50銭上昇したということになりますね。